FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は初盆でした。

こんにちは
今日はもう書いておかないとと思い書きます

実は、5月31日にめいが亡くなりました。
約1週間前には11歳の誕生日を迎えたばかりだったのに
5月の初旬には夏に向けてサマーカットしてもらってサッパリすっきりだったのに

結果から言うと、「子宮蓄膿症」という病気が原因でした。
誰もまったく気付かなかった・・・。
しかもこの病気は避妊手術を受けていれば防げるらしく、完全に飼い主の勉強不足と体調への気配り不足でした。

29日夕方にはいつも通り元気に散歩

しかしその晩なぜかいきなりご飯を食べない(元気はある)
(なぜだろうと少し心配しながらも次の日まで様子をみることに)

30日 朝
母から「めいが立ち上がることも出来なくなっていてもう虫の息になっている!!!」と起こされて急いでめいのもとに。
昨日とは全く違う姿のめいが横たわっていました。息が苦しそう
もうご飯が食べれるかとかの問題ではなく、立ち上がることも出来ないしトイレもできない。
一定の間隔で、横に寝たまま水下痢がいきなり出たり、黄色い水(胃液?)の嘔吐をしていました。
急すぎて何が起こっているのか分かりませんでした。

母と私でめいを家にあったすのこに毛布を敷いてその上に抱えてのせて、そのまま すのこごと2人で担いで車にのせて動物病院へ行きました(その際も、車に乗せるまでに体が揺れてしまったからか、車の中で嘔吐)。診断結果「子宮蓄膿症」。いつから膿が溜まりだしていたのかは分からないけれど、もう今はお腹が大きく膨れるぐらいパンパンに限界になっていて、血液検査もして頂いたところ、たくさんの数値が 健康な基準数値を大幅に超えていて そこから他の臓器なども悪くなり さまざまなところが合併症を起こしている状態とのこと。
早期発見だったら溜まった膿を定期的にとることで治療はできるものの、今の状態ではもう他の臓器にも異常をきたしている為 膿を一時的にとったところで落ち着くこともなく むしろ今の状態だと手術の前の麻酔ですら危ない可能性がある、と・・・長くて数日もつかどうかと言われました。
私はその場で涙がこぼれてしまい、でもまだめいはここに居るんだし苦しいなか頑張ってるんだし、勝手に泣いたりしちゃいけないと思い、あとは家で少しでも楽に過ごせるようにするにはどうするかを考えるようにしなきゃと必死に自分に言い聞かせました。
被害者はめい。早く気づいてあげられなくて本当にごめんね...
痛みが少しでも和らぐようにと点滴を打ってもらい、めいも住み慣れた家がいいだろうから、あとは家で様子を見ますと告げ 病院を後にしました。

30日 夜
リビングにペット用シーツを敷き詰めて、もたれかかれるようにクッションを置いて毛布を敷き、そこにめいを寝かせました。
めいは大型犬で体重が結構あるので素人1人ではなかなか抱えきれません。
何分経っても、何時間経ってみても、全く同じ位置にずっといる、動いてないめい。ほんとに起き上がれない
昨日 普通に散歩してたのが嘘みたい。夜、ご飯は食べれなかったけどいつも通りしっぽ振って寄ってきてたのがすごく昔みたいな
なんというか・・・本当に急変でした。ただ急変といっても、めいはもうすごく前から体に違和感があって、痛くても我慢してたのかと思うと苦しくなりました。本当にごめんなさい。
その後も夜中、父・母・私で 水下痢と嘔吐を繰り返すめいを見守っていました。
少しでも水飲めるかな、と思い スポイトで水をめいのくちに少しずつあげたりもしていました。

31日
めいのことを聞いたおばあちゃんがお昼前にうちに来てくれました。変わり果てためいの状況をみて驚いていました。
その後 母・私・おばあちゃんの3人で、めいを囲むように座ってめいを撫でたり、話しかけたり、時々くる水下痢と嘔吐を処理したりしていました。そしたらちょうど12時 お昼になった頃 3人で撫でながら話していたら、めいが急に それまでただ力が入らず横たわっていた身体をぎゅ~っとエビみたいにまるまるようにして、その瞬間3人でえ?ってなって もしかしてってわかって・・
そのあとまるまった身体がまた戻るようにひらいて背筋が伸びたら、めいの息が止まりました。
なんか、亡くなっても、亡くなった直後1分間くらいは耳は聞こえるらしい(確かかは分からないけど)って話を母から聞いて、その瞬間3人で泣きながらめいにたくさんありがとうの言葉をかけました。もうめいは苦しさから解放されたのかな
最後立てなくて思うように動きたくても動けなくて
おしっこずっとできなくて
水下痢と嘔吐 何回もきつかったね 苦しかったね。

本当にごめんなさい。これは人間のせいです。

最後病院に行った時、お腹が膿でパンパンに丸く膨れてたんだけど、めいはもともと太り気味でお腹が出ていたから、それなのかと全員思ってた。というかまず肥満体系も脚とかにも負担くるだろうし早く見直すべきだった。そしたら今回の蓄膿症も初期段階で気づけたのかもしれない。
そういう日々の観察や気配り それに合った対応ができる余裕がないなら飼う資格がない。
被害者になって苦しむのは動物。

少し話がそれてしまうけど、数週間前に「PET」ていう映画を映画館に観に行きました。
そしたらオープニングで主人公の犬が話しだすんだけど、飼い主さんが家に帰ってくるのをいつも心待ちにしてて、
飼い主さんの足音がドアの向こうから聞こえてきただけでもうテンションMAX!てなるんだけど
その様子を観た瞬間もうめいが頭に浮かんで、
めいもいつも、私達家族が少し出かけて(といっても近所のスーパーとか、長くても半日で帰ってきたりとか)
そこから帰ってくると、もう玄関の鍵を開ける時からめいのうれし鳴き?みたいな声が聞こえてて
家に入るとクッションくわえてしっぽどころかお尻からぶんぶん振って、会うの何年かぶり!?てくらいうれし鳴きしてすごく飛び跳ねるように喜んで
その様子がフラッシュバックして気付いたら映画のオープニングでいきなり泣いてました
となりに居た母も最初は私みてびっくりしてたけど、めいのあの様子を知ってるからすぐに通じた感じ

なんか、いつも家族にしっぽ振ってたなぁって・・・

めいはあんなに愛情をくれてたのに、
私達の不届きで、病気になってしまって最期苦しんで
ほんとだったら寿命でもあと2、3年はまだ元気にしてたはずなのに

本当に本当にごめんなさい。
謝ってもめいは帰ってこないけど

いつも家に居てくれて、みんなをたくさん笑顔にしてくれて癒してくれてありがとう。
ずっと大好きだよ。


最後に、亡くなる2時間前の写真
大好き めい
とても亡くなる2時間前とは思えないでしょ!?
それまではずっと横たわってて起き上がれなかったのに、なぜか1回だけ顔を上げて起きたの。
一生懸命起き上がったからシーツがぐしゃぐしゃ
しかもこの時は目に光がみえる
いつも言ってたダッフィー犬
ダッフィーより可愛い!

本当に嘘みたい
うそであってほしかった


このこと、なかなかすぐにブログに書くことが出来ずにすみませんでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もひまる

Author:もひまる
4月16日

動物・ピアノ・お花・アロマ
などなど・・・好き(>∀<)!

洋楽好き(´∪`人*)♪゛

―――――――――――❀*゜

きてくれてありがとうございます★

ゆっくりしてってください
(^∪^)ノ♪゜

゜*♡*゜*・・*゜*♡*゜*・・*゜

時計

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

ブログ内検索

うさるさん

ブログランキング

クリックしてもらえると 嬉しいです(>人<) ★゜・。。・゜・。。・゜・。。・゜・。。・゜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。